前へ
次へ

肩こりの原因として考えられるポイント

多くの人が抱えている身体のトラブルの1つとして腰痛や頭痛の他に多いのが肩こりになります。肩が固まって凝ってしまった状態であり、痛みがあり腕を上にあげられないといった症状などもあります。また肩が重く感じてしまい、違和感があり不快だと感じる場合もあります。そのため自分の手で肩を揉んだり、マッサージ機を使用したりと色々対策する人もいます。ただしやはり慢性的な肩のこりは簡単には解消されることが無く、なかなか改善しないと悩む場合もあります。そのためやはり肩のこりは日頃から起こらないように注意することが重要となってきます。では実際にどのような原因があるかですが、大きく分けて5つ程のポイントがあります。まず原因と考えられる1つとして同じ姿勢を続けているという点があげられます。特にデスクワークをしている人などは、1日を使った作業を行うので同じ姿勢のまま仕事を続けてしまいがちです。そうなると肩の筋肉が固まってしまい肩こりとなってしまいます。次に考えられるポイントが眼精疲労があげられます。目の疲れが何故肩のこりに影響がと思われがちですが、目の筋肉が疲れてしまい固まってしまうと肩にも影響が出てしまうのがわかっています。そのため目が疲れたら休めたり目薬をさして疲れを癒すなどの対策を行い、結果として肩のこりを引き起こさないように対処することが重要になります。3つ目のポイントとして運動不足もあげられます。多くの人が普段の生活で運動が不足していると感じている人は多くいますが、やはり適度な運動を行わないと肩の筋肉も動かす機会がへりこりの原因になります。4つ目はストレスも大きな肩のこりの要因となっています。また5つ目のポイントですが、低血圧なども肩のこりを引き起こすとわかってきています。このように肩が凝ってしまう原因は普段の生活で多く改善できる事が多いので、普段から注意しながら肩のこりが起こらないように過ごすことが大切といえます。

むち打ちの早期回復を望むなら
交通事故の怪我の施術経験が豊富な先生がいる時田はり・きゅう整骨院です

三重県桑名市のオススメ接骨院

天神の抜かない歯医者さん

Page Top